目に見える学習の蓄積を残す

半年間もの長きにも学習期間が及ぶと、時折「このままで合格できるのか?」などと不安な気持ちが襲ってくることがあります。そして、そんな時に限って小テストなどの結果が思うように出なかったりするから困ったものです。

そんな時、自らを勇気づけ気持ちを奮い立たせてくれるのが、自身がこれまでやってきた学習の蓄積です。目に見える学習の蓄積といえばノートがその筆頭ですが、ノート作りに一生懸命になれと言っているわけではありません。

逆に言えばノート作りに一生懸命になる人ほど、知識の吸収よりも目的がノートをきれいにまとめることになってしまいがち。ノート作りにおける満足感を、学習の達成感と勘違いする可能性が高いのです。

 

ブログに学習日記をつける

目に見える学習の蓄積、そのお勧めはブログに学習日記をつけることです。その内容は、学習時間に内容、さらにはわからない所や苦手な単元、さらには単なるグチや何事などなど、なんでも良いのです。

その時点であなたが学習してきたこと、苦労していること、不安に思っていることすべてが蓄積となり、ふと不安にかられ立ち止まったとき、ブログを見返すことで、「ここまでやってきているんだ!」と自信を付けてくれます

また、各ポータルサイトなどが提供するブログサービスには様々なカテゴリがあり、なかには「教育」や「資格」といった項目も存在しています。そうしたカテゴリでブログを設定しておけば、同様のカテゴリ内のブロガーからゲストが訪問してきて、アドバイスなどのコメントがもらえるかもしれません。

そして、その数が増えれば一緒に資格試験の学習を頑張るコミュニティが形成され、より活発な情報交換などが行われることでしょう。

目に見える学習の蓄積になり、また、コミュニティ作りにも機能するブログは、ややもすると孤独になりがちな通信講座受講生にとって、よい交流場であり息抜きの場ともなります。是非、学習スタートの瞬間からブログを立ち上げ、自分なりの学習日記を付けてみて下さい。